伝わる話し方

あさチャン斎藤さんの、今日の1分間コラムは、『伝わる話し方』でした。

通勤の電車で、少しだけ
『伝わる話し方』
について考えたいと思います。

斎藤さんは、次の3点の重要性をお話されていました。

・イメージの共有
・決めフレーズの繰り返し
・声の力

確かに!
講演会や演説など、不特定多数の聴衆に向かって、話をする場合

特にそうだと思います。

ただ、会社員である私は、講演会などあるわけでもなく、せいぜい50名程度の同僚の前で、お話するのが最大値

もっと、小さな範囲でお話する場合

・イメージの共有
・決めフレーズの繰り返し
・声の力

の前提となるのが
・人間関係
・話し手である自分のイメージ
ではないかと思います。

まず、話を聞く気にさせる自分

で、い続けることこそ
家族や小さな組織では
必要であると考えます

どなたも、正しくことを、
理論整然と話しているのに
反感だけが残った経験があるのではないかと思います。

「普段の不断の努力」
こそ最大の武器だと思います。


あっお弁当をUPするの忘れた。。。