落語と会話力

あさチャン斎藤さんの、今日の1分間コラムは、『落語と会話力』でした。

通勤の電車で、少しだけ
『落語と会話力』
について考えたいと思います。

わたくし、落語、嫌いじゃないです。
往年の師匠方の落語は、
あまり聞いていないのですが、

私が一番好きなのは、
春風亭一之輔さんです。

・独特の語り口調
・間の取り方
・少しのお下品

本当に勉強になります。
以前、ニフティ寄席というものが、ポッドキャストで配信されており、当時まだ二枚目だった、一之輔さんを知りました。
彼のおかげで落語に興味を持ち、日常生活でも、以下を心がけるようにしています。

まくら
・雑談で場を和ませる
・本題を切り出す前に探りを入れる

・間を意識して話す
・間を意識すると自分だけ話す事がない

落ち
・どれだけ厳しい話をしたとても、
終わったあとに
良い印象
前向きな印象
が残る様な、クロージングを心掛ける



たしか、立川談春さんだったと思いますが、「落語には生活の全てが入っている」とお話されていたと思います。

プライベートも
仕事も
気分転換にも

落語は、大事な人生の糧の一つだとおもいます。

久しぶりに、
寄席に行きたくなりました。