黒板の共有力

本日のあさチャン
齊藤さんの1分間コラムは、
『黒板の共有力』でした。

少しだけ
『黒板の共有力』
について考えたいと思います。

黒板
f:id:GOBOCHI2000:20150220093902j:plain

懐かしい響きですが、
形を変え、ホワイトボードとして、日々ビジネスでも、活用している方は、多いのではないでしょうか?

私もホワイトボードは、大好きで
アイディア出し系の会議には、
欠かせません。

①会議の最中に要約を書く
②みんなが分かりやすい言葉で書く
③合意形成に導く
※要約と称して、言葉を変換し
都合の良い、合意形成に導く事もありますね。。。

そんなホワイトボードも、弊社では、以下の理由で数が減っています。

・プロジェクターの普及
テレビ会議のシステムの普及
・設置スペースの削減

どんなシステムが普及しても
どんなに技術が進歩しても

顔を合わせて、ホワイトボードを使った会議が1番アイディアが生まれると思っています

私は、テレビ会議を販売する立場ですが

創造的な事
心に訴える事

は、やはりアナログだと思います

デジタル偏重の世の中に
アナログなものを
意識的に取り入れる事の大事さ
を感じずにはいられません

トラベラーズノートを愛用しているのも、そのせいでしょうか?
単なるアナログ人間なのか?

共有力とは、あまり関連のない
内容になくなりましたが、ご容赦を