PTA会長挨拶

今日は娘の卒業式でした
PTA会長のゴボチ
来賓席で感動してしまい、涙
娘もずいぶん大きくなったものです。

挨拶文を記録のために、アップしておこうと思います。


PTA会長のゴボチです。

卒業生の皆さん、本日は、ご卒業おめでとうございます。

中学校で過ごした、この三年間いかがでしたか?

おそらく、あっというまの、三年間だったのではないかと思います。

 

少しだけ、三年前の入学式のことを、思い出してみてください。

私はまだPTA会長ではなく、保護者として後ろの席から、皆さんを見ていました。

これから始まる中学校生活に、胸を膨らませる一方で

うつむいて下を向いていたり、落ち着きが無くきょろきょろと周囲を観察したり

それぞれが一生懸命に不安と戦っていたように思えました。

まだ小学校を卒業したばかりの、皆さんの小さな背中が余計に小さく見えたのが思い出されます。

 

その皆さんが、今はどうでしょう。体も大きくなりました。

気持ちも大きく成長しましたね。

先輩たちの後をしっかりと受け継ぎ、行動で後輩たちの手本となる。

立派な中学校生として三年間を全うできたのでは、ないでしょうか。

 

この皆さんの過ごしたこの三年間は、必ずや将来の糧となるとても貴重な時間です。

四月からの新しい生活に、正直、多少の不安は、あることでしょう。

これは当たり前のことです。

 

しかし、心配しなくても、一生懸命やっていれば、人は必ず成長します。

そして、これは皆さんが、この三年間をかけて、十分に証明してくれています、

自分を信じて、自分に負けないで、頑張っていきましょう。

ここにいる人は、全員、皆さんを応援しています。そしてこの先も応援していきます。

 

全力で行きましょう。

全力を出すことは、カッコ悪くありません。むしろ、かっこいい姿だと思います。

そんなカッコイイ姿、

限界を突破した理想の自分の姿を、ぜひとも、春休みに思い描き、

四月からの新生活の目標にしていただけたら幸いです。

 

 

最後になりましたが、三年間お世話になりました先生方に、心より御礼申し上げます。

そして、保護者の皆様、地域の皆様には、日々のPTAの活動にご理解とご協力頂きましたこと、この場をお借りして感謝申し上げます。 本当にありがとうございました。

 

PTA会長 ゴボチ